생각

혼종 창작의 새로운 가능성 광고 영화 또는 무바셜(Movercial) :

 映画を借用した広告や広告を 借用した映画はパロディー創作物の一種だ。 それなりの目的のため、パートナーとしてお互いを選んだわけだが、さらに一歩進んで、最初から広告映画(Ad-movie)を作る事例もある。 広告映画では、商品やブランドが主人公として登場する場合が多いため、一見すると広告というより映画に近い。 テレビ広告の15秒という短い長さを伸ばし、映画の長い時間を縮めたという点で、広告映画は広告表現の領土を新しく拡張させたジャンルと言える。 広告現場では広告映画を「ムーバシャル」(Movercial)と呼ぶ。 映画(Movie)とテレビ広告(Commercial)の合成語だ。 広告映画を製品配置(PPL)と誤解する場合もあるが、2つは厳然と違う。 映画やドラマシーンに,ある製品をちらつかせるのがPPLなら,ムーバシャルでは製品やブランドが映画の主人公としてキー·素材となる PPLとは概念が全く異なる広告映画は、デジタルメディアプラットフォームに最適であり、今後も創作され続けるだろう。 広告と映画が結婚して生んだ新生児、広告映画をじっくり見てみよう。 ブランドを前面に押し出したコマーシャル映画 BMW의 시리즈 장면(2001-2002) 광고영화는 BMW의 인터넷 영화 시리즈가 성공하면서 본격적으로 주목받기 시작했다. BMW는… 더 보기 »혼종 창작의 새로운 가능성 광고 영화 또는 무바셜(Movercial) :